ラオス~ベトナムの陸路国境越えで 5 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ラオス~ベトナムの陸路国境越えで 5 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ラオス~ベトナムの陸路国境越えで 5

Posted at 06/07/20 Trackback(0)»

ようやくラオスからベトナム陸路入国しました。入国審査官の顔先ににパスポートをつきだしていると、外国人だからでしょうか、僕より先からパスポートを出していた地元の人らしきより先に手続きがされました。



次に税関書類を記入して荷物検査だったと思います。日本人であると、だいたいどこの国の入国審査でもほとんどノーチェックで済むんですが、ここは違いました。係員が3人だったと思いますが、みんなで僕のバックパックを開けてこれは何だ(足裏マッサージ用の棒)、これは何だ(4色ボールペン)、これは何だ(ホッチキス)など、何がなんでもイチャモンをつけてやろうという感じがアリアリでした。幸運にも何ごともありませんでしたが、後に担当ガイドブック宛に女性の読者から、ここの国境の荷物検査で係員に体を触られまくったという投稿がありました。自分は男だったから何もありませんでしたが、女性の身になって注意を促すべきだったかと反省しました。


これでようやく入国手続きが終りです。国際バスはまだまだベトナム側に到着していない模様でした。


ベトナム側の審査所敷地を出ると、これまたラオスとは違う光景が待っています。客引き達の姿です(この5年後、またラオスを訪れた際には、ラオスにも客引きがたくさん存在していました)。バイクタクシーの客引きでした。バイクタクシーをご存じない方に一応説明しますが、バイクの荷台に客を乗せるタクシーのことです。


国境からちょと歩いたところからバスが出ていると聞いていたので、「乗らないよ」って答えて歩き続けます。でも最初に声を掛けてきた運転手はめげずに、僕に着いてきます。最初は無視していましたが、「英語を話したいだけなんだ」みたいに言うので、それにつきあっていると、やがて運転手のほうも商売はどうでもよくなったのか、「どこの国から来たか」「自分は英語を学んでわずか○ヵ月だ」「このあとどこへ行くんだ」みたいな商売と関係ない話になり、とうとう「ここがバス乗り場だ」ってバス乗り場まで来てしましました。さらにその運転手はバスの車掌に僕のそこからのプランを説明し、バスに乗るまでに水を購入するか、食事はいいのか、ベトナムの通貨がないならこの人に両替を頼めるよ、など次々と世話をしてくれました。


いよいよ国境からのバスに乗る準備が整いました。バイクタクシーの運転手には大変に感謝です。




関連記事



「ラオス~ベトナムの陸路国境越えで 5」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:            


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング