ブラジル人は皆、サッカーがお好き!? 1 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ブラジル人は皆、サッカーがお好き!? 1 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ブラジル人は皆、サッカーがお好き!? 1

Posted at 06/06/25 Trackback(0)»

ブラジル リオ・デ・ジャネイロ コパカバーナ 無料 画像

日本でも、サッカーに興味がない人もロナウジーニョ、ロナウドぐらいは知っているという今日この頃。テレビでブラジルが取り上げられれば、カナリア色のユニフォームを着た美女が、腰をフリフリサッカーを応援している。あれだけサッカーが強ければそうなんでしょうが、ブラジル人ってのはまったく、男女問わずサッカーが大好きな訳で……。


そんなブラジルへ取材に出たときのお話です。



ちなみにサッカーW杯2006の日本vsブラジル戦のあった翌日に書いた内容です。

最初に降り立ったのは、ジーコの出身地でもあるリオ・デ・ジャネイロ。ここでちょっと小ネタ。ブラジルで話されているポルトガル語は、Rが先頭に来る場合、ハヒフヘホ読みになるんですね。つまりRio de JaneiroのRioはブラジル人は「ヒオ」って読むんです。ロナウジーニョ、ロナウドも、現地では「ホナウジーニョ」、「ホナウド」って呼ばれているんです。それともう一つ、リオ・デ・ジャネイロの「デ」はdeと書きますが、これをブラジルのほとんどの地域では「ジ」と発音します。つまり「ヒオ・ジ・ジャネイロ」なわけです。プチ自慢にどうぞ。

で、リオ・デ・ジャネイロ空港というのは中心部より北部にあるのですが、その北部方面はファベーラと呼ばれる貧困層が住んでいるエリアで、空港バスはまずそんなエリアを走っていくんです。赤レンガ造りが多い家並みを見てみると、崩れかけている家があったり、洗濯物が家中に干してあったり、聞いていたとおりの貧富の差(まだ“富”は見ていませんでしたが)がすごいんだな、と感じます。で、さらに見ているとやっぱりいました。サッカーをして遊ぶ子供たち。高速道路を走る車窓からの眺めなので、詳細は見てとれませんでしたが。今のセレソンたちも、貧困層出身者が多いとのことで、こういうところから未来のスーパースターが生れるんだろうな、なんて感心しつつ眺めていました。

中心部に近づくにつれ、今度はサッカー練習場がいくつも見られ、こういうところでは、もう少し年齢が上の子どもたちやら、大人がプレーをしています。ビーチエリアにやって来ると、ビーチでももちろんサッカー。しかもニコニコサッカーではなく超真剣モードです。ブラジルサッカー大国と呼ばれるゆえんが、空港からホテルに移動するだけでわかってしまうって、凄い。ちなみに、冒頭の写真はリオ・デ・ジャネイロの有名ビーチ、コパカバーナ前の大通りです。




関連記事



「ブラジル人は皆、サッカーがお好き!? 1」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング