首都の表玄関、ブラジリア空港の観光案内所にて - 海外旅行ガイドブックのお仕事

首都の表玄関、ブラジリア空港の観光案内所にて - 海外旅行ガイドブックのお仕事


首都の表玄関、ブラジリア空港の観光案内所にて

Posted at 06/11/18 Trackback(0)»

ブラジルの首都ブラジリアに降り立ったのは、2005年4月の夕方。いつものように、飛行機を降りてから途中に何があって、空港での両替はどこでできて、観光案内所は?などなどと調べていきます。ファーストインプレッションとしては、一国の首都の空港とは思えない、こぢんまりとした空港でした。



あらかたの空港情報を確認してから、観光案内所へ向かいます。これも通常、新しい町に着いたらまずやることです。空港や駅、バスターミナル観光案内所のレベルはどれくらいのものか、ってチェックですね。このレベルの差は本当にピンキリです。その町にあるほぼすべてのホテル・レストラン情報が載った冊子や、見やすい無料地図を揃えているところもあれば、英語もしゃべれないスタッフがいて、資料も現地語のみで書かれたものがパラパラと置いてあるところまで。


この差は、同じブラジル国内でも都市によってバラバラです。で、僕がこれまで訪れた国でもだいたいそうでした。国全体の観光案内所が揃ってどこもレベルが高いというのはなく、もちろん外国人旅行者が少ないところでは英語は通じにくいというのは理解できますが、ある国では、外国人が多い町の観光案内所のほうが、少ない町の観光案内所よりもレベルが低いことだってあります。


さて、ブラジリア空港観光案内所です。空港建物外にある、どれくらいですかね、広さ20畳ぐらい。中に入ると黒人の大学生ぐらいのメガネをかけた男性と、同年代ぐらいの女性スタッフがいました。手前にいた女性スタッフに話しかけてみると、「あ~、私英語ダメネ」みたいに首を小刻みに横に振り、黒人男性を指します。


黒人男性は少し前に歩み寄ってくると、ちょっと残念そうな顔をして「私、英語、ちょっとしか話せないですけど」、と。首都の表玄関の観光案内所なのに…。


>> ブラジリア、取材者が現地語を話せない訳は に続く




関連記事



「首都の表玄関、ブラジリア空港の観光案内所にて」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング