ブラジリア、取材者が現地語を話せない訳は - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ブラジリア、取材者が現地語を話せない訳は - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ブラジリア、取材者が現地語を話せない訳は

Posted at 06/11/18 Trackback(0)»

ブラジルの首都、ブラジリア空港観光案内所での続きです。
観光案内所の黒人男性は、僕に英語はあまり話せないことを告白すると、もう一人の女性スタッフに何やらコソコソ。



前にもどこかで書いたと思いますが、僕が知る限りでは、僕を含め、取材者は必ずしも取材先の現地語を話せる訳ではないんです。えー、この回でブログ80話目になるんですが、どこで何を書いたか忘れているところもありますし、もちろん読まれている方がこのブログをすべて把握されている訳ではないでしょうから、重複するかもしれませんが、また説明いたします。


ガイドブックを出版している会社はいくつかありますね。「地球の歩き方」のダイヤモンドビック社や「新・個人旅行」の昭文社、そのほかJTB出版やらウンヌンカンヌン。でも多くは出版元から取材者を出している訳ではなく、出版社は海外取材をメイン業務としている編集会社というところに取材から執筆、編集までを委託します。僕が勤めていたのも、そういった編集会社のひとつでした。


そのような編集会社は実はたくさんあって、1社が担当するガイドブックの冊数はそんな多くないんですね。さらに、例えば担当しているガイドブックがロサンゼルス、サンフランシスコなどアメリカの都市ばかりであれば、スタッフは英語さえできればいいのですが、もしマレーシアタイカンボジアの3冊を担当している編集会社があったとすれば、その会社は本来ならその3カ国の言葉ができる人を抱える必要がありますが、普通に考えてその3カ国語すべてを話す日本人ってまずいないですよね。


かといって、それぞれの言葉を話す人を1人ずつ雇っても、例えばカンボジア語だけを話すスタッフを雇ったとします。でも、カンボジアのガイドブックだと、憶測ですが、1年半から2年に1度程度しか取材はしません。つまり取材以外の時間、そのスタッフの語学力を発揮できる場がありません。編集会社なんてそれほど潤沢ではないので、余剰人員を雇う余裕はありません。ならどうするか。基本的に英語ができればよしということで、英語を使って取材をしてきてもらう訳です。僕もそんな人材のひとりでした。


ブラジル取材では、ある程度のホテルやレストランで値段や営業時間などを聞いたりするポルトガル語(ブラジルの公用語)は身につけていったのですが、それ以外の会話になってしまうとサッパリです。


つまり、僕は満足にポルトガル語を話せず、観光案内所のスタッフは満足に英語が話せないという状況にあったのです。


>> ブラジルの首都ブラジリア、夜間のバス利用にちょっと後悔 に続く




関連記事



「ブラジリア、取材者が現地語を話せない訳は」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:              


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング