ロナウジーニョの故郷、ポルト・アレグレにて - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ロナウジーニョの故郷、ポルト・アレグレにて - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ロナウジーニョの故郷、ポルト・アレグレにて

Posted at 06/12/17 Trackback(0)»

ブラジル、ポルト・アレグレのがらくた市

サッカーのトヨタ・クラブワールドカップ(旧トヨタカップ)がやっていましたね。サッカーファンじゃない人には、どうでもいいことでしょうが。優勝が当然と思われていたバルセロナが敗れ、ブラジルのインテルナシオナルが優勝しました。



このインテルナシオナルのホームタウンはブラジルポルト・アレグレポルト・アレグレは、一般的にちょっとマイナーですが、ブラジル最南部(南半球なので南へ行くほど寒い)の代表的な大都市です。でもって、バルセロナの、そして世界のスーパースター、ロナウジーニョの出身地でもあります。

この町には2005年に訪れました。

今日、サッカーに注目された方なら何度も聞かれているでしょうが、ガウーショの町ということでも有名です。ガウーショとは、スペイン語ではガウチョと言い(どうでもよいですが)、英語にあたるのはカウボーイ。西部劇さながらのカウボーイ精神が育んだ、歴史を持った町なのです。

空港の観光案内所の人はものすごく親切で、そこに出くわした地元の人も、自慢げに町の楽しみ方を教えてくれました。ホテルのフロントもダンディでいいスタッフでした。取材した1軒のゲストハウスには日本人女性が語学留学で長期滞在していて、またそこのゲストハウスのオーナーがものすごく親切に宿を案内してくれたり、と…。でもこの町、僕にとってはとても印象が良くありませんでした。

それは、ただ1度のこと。初日の夕方前、がらくた市(写真)が行われる公園に向かっている時のこと。まだ明るい時間です。そこそこ人は歩いていたのですが、僕の前と後ろには若干(といっても、せいぜい10メートル)のスペースがありました。そんな時、対面から黒人の若者が歩いてきました。パッと見、怖い感じではない、少年といった感じの男子。僕の手前数メートルになると、僕を見ながら、自分の手首を指でたたきながら近づいてきます。

ちょっと距離もありましたし、早口でもあって何を言っているのか聞き取れませんでしたが(僕のポルトガル語理解力にも多大な問題がありますが)、手首を指さしているということから、時間を聞いているんだろうと理解。ところが…。

>> ブログの引越し完了、第一弾(ブラジル、ポルト・アレグレ)に続く




関連記事



「ロナウジーニョの故郷、ポルト・アレグレにて」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング