タイのガラ・ディナーで、ホテルをキャンセル最終章 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

タイのガラ・ディナーで、ホテルをキャンセル最終章 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


タイのガラ・ディナーで、ホテルをキャンセル最終章

Posted at 09/03/15 Trackback(0)»

タイ・プーケットのヒルトンホテル

タイのプーケット、ロイヤル・パラダイス・ホテルでのガラ・ディナーまつわる話の続きです。ここから読まれた方は前々回の記事「タイのガラ・ディナーで、ホテルをキャンセル」からどうぞ。

ガラ・ディナーのためにプールがどんどんと封鎖され、工事の音も騒がしい。そんなリゾートでいいんだろうか。ただ、僕よりも妻のほうのイライラが上回っていたようで、「ここはもうキャンセルして、ほかのホテルに移ろうよ」と。

ということで、今回のその時がやってきました。



キャンセルに生じる、いくつかの問題点

キャンセルとなれば、すでに宿泊中なので1泊分のキャンセルチャージがかかります。さらには、大晦日を前日にしたピークシーズンです。簡単にそこらのリゾートホテルを予約することができるのだろうか。

ただ、プールについてはきっと良くはならなそうです。これから大晦日にむけて、さらにガラ・ディナー用の舞台は広がっていくだろうし、明けて正月にその舞台が早急に片付けられるとは、やはり思えません。タイには10回以上は来ていますので…。片付けるにしても、またガタガタとやかましいだろうし。

ではキャンセルするか、と決断したものの、ホテルに直接予約を取ったのではなく、前述のagodaというホテル・クーポン会社で予約をして、その会社にお金を払っているので、キャンセル手続きはそこを通してということになる訳です。さらに、キャンセルをする前に、次に移るホテルを取らなくてはならない。

自分のパソコンを前にしたら、今回宿泊した分の予約番号はすぐに見つかるし、ホテルのキャンセルも、次のホテルの予約もチャチャっとできちゃうんですけどね。しかしながら、自分のパソコンはノートパソコンではなくてデスクトップ。日本の自宅でお留守番中。それらの手続きは、町なかのネットカフェでするしかないわな。。。

いざ、ネットカフェでキャンセル手続き

問題点を整理してみますと、まず、本当にキャンセルできるのかということ。時は12月30日。ホテル・クーポン会社はもしかすると休みに入っているかもしれない。そして、今回宿泊している分の予約番号もわからない。この2つのキャンセルに対しての不安がありつつ、でもその前に次のホテルの予約を確定しなくてはならない。キャンセルはしたものの、次のホテルがどこもなかったとなれば、悲惨ですからね。

そんな不安材料を抱えつつも、いざ夫婦でインターネットカフェへ出陣です。ネットで調べてみると、どうやらヒルトンのホームページでの直接予約で空きがあるようです。しかも、直前予約ということでの、ディスカウント価格。

一方のホテルキャンセルについてagodaのページを見てみると、タイに日本語が通じるオフィスがあるそうで、電話番号ものっていました。早速そのネットカフェで電話を借りて、こちらは妻にまかせると、予約番号は分からなくとも名前とホテル名でわかってくれて、キャンセルOKに。その電話の終了とともにヒルトンの予約を入れ、予約確認書をネットカフェで印刷してもらい完了です。ふう。10年ちょっと前なら、とても考えられない、ネット時代の便利さを痛感しました。

※その後、agodaからは宿泊しなかった分のお金からキャンセルチャージを引いた金額が戻ってきました。ガラ・ディナー代はしっかり戻ってきました。

ヒルトン宿泊で、ようやくのんびりリゾート気分

まあ、余計なお金がかかってしまいましたが、さすが世界のヒルトンだけに、落ち着いた滞在ができました(冒頭の写真がそれです)。このホテルでもガラ・ディナーパーティーは行われていたようでしたが、強制ではなかったので参加はしませんでした。またの機会があるかどうか知りませんが、その時までのお楽しみ(?)となりました。




関連記事



「タイのガラ・ディナーで、ホテルをキャンセル最終章」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:            


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング