裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら - 海外旅行ガイドブックのお仕事

裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら - 海外旅行ガイドブックのお仕事


裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら

Posted at 07/08/04 Comment(2)» Trackback(0)»

ブエノスアイレスからコロニア行き船内の免税店

海外旅行海外出張の帰国時に結構困るのが、使い残した現地通貨の処理じゃないかと思います。「食事をするにはちょっと足りないけど、この金額で買いたいものも特にないし…、募金でもするか」なんて、空港に設置してある募金箱に募金するって人も多いんじゃないでしょうか。海外旅行海外出張でよく行く国の通貨なら、次回のためにとっておけばいいですが、そうでない場合、皆さんはどうしてますか?


※写真はアルゼンチンとウルグアイを結ぶ国際船内の免税店



「そんなの知ってるよ」、と言われるかもしれませんが、裏ワザとは“余った現地通貨クレジットカードを併用して使う”、という方法です。たとえば、現地通貨が20ドル余ったとしたら、30ドル(別にいくらでもよいのですが)のお土産を、20ドルは余った現地通貨の現金で、残りの10ドルをクレジットカードで支払う、という感じです。「え、できるの?」と思う方もいるかと思いますが、実際に僕はいろんな国で何度もやっています。帰国の際、空港でお土産や免税品を買う予定がある人は、ぜひ活用してみてください。

具体的には、支払いの際に「Can I pay by cash with credit card?(キャン アイ ペイ バイ キャッシュ ウィズ クレジットカード)=現金とクレジットカードを併せて支払えますか?」と聞いて、OKなら店員に先に残った現地通貨すべてを渡し、次にクレジットカードを渡します。

どうです? 簡単ですね。これで余った(残った)現地通貨ともお別れです。何度も書いていますが、やっぱりクレジットカード海外旅行には必需品です。

ただし、この方法が使えないケースもあります。

1.空港の出国審査後は現地通貨が使えない国がある

 僕の経験ではベトナム(1998年)とブラジル(2005年)、ミャンマー(2005年)がそうでした。空港内の免税品店などでは現地通貨は使用不可で、アメリカ・ドルかユーロのみ(国によってはアメリカ・ドルのみ)使用可。ベトナムの時は、結構大量に現地通貨が余ってしまい、再両替もできず困りました。

一方で、タイ、シンガポール、マレーシア、アメリカ、香港、南アフリカ、チリ、アルゼンチンでは問題なくこの方法が使えました。

2.クレジットカードの利用可能最低額を下回る

 これは国、さらに店によっても異なるかと思いますが、クレジットカードを使うには最低いくら以上の利用が必要という額が定められています(最低額の設定がないところもあるかもしれませんが)。アメリカのロスの空港では5ドル以上から使用可能でしたし、タイでは350円程のビールをクレジットカードで支払えました。

まあ、クレジットカードでの支払い分がだいたい600円以上(5アメリカ・ドル)を目安に商品を選べばよいのではと思われます。




関連記事


「裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら」へコメントを投稿

※非公開コメントをご希望の方はメールフォームからどうぞ。

上の情報を保存する場合はチェック

「裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら」へのコメント一覧

CommentData » Posted by みかん@世界一周を目指すみかんの日常日記 at 07/09/04

 こんな方法があったんですね勉強になりました。
 ケチな私は余った現地通貨を成田空港の募金箱に入れるのももったいなく、いっつも持って帰って死蔵させています。
 これはこれで記念になりますし、また使う機会があればその時使えばいいと思っているのですがイギリスポンドとかカンボジアのリエルとかは利用範囲の狭い通貨は一生使わない気がします(^_^;)


CommentData » Posted by jnhppp at 07/09/05

みかんさん。コメントほか、もろもろありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


「裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング