トラベラーズチェックは本当にお得? - 海外旅行ガイドブックのお仕事

トラベラーズチェックは本当にお得? - 海外旅行ガイドブックのお仕事


トラベラーズチェックは本当にお得?

Posted at 07/02/05 Trackback(1)»

%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%80%81%E4%B8%A1%E6%9B%BF%E6%89%80.jpg トラベラーズチェックの続きです。トラベラーズチェックの基礎知識については前回のトラベラーズチェックで、古き良き時代の海外旅行気分を読んでみてください。 さて、トラベラーズチェックの利点とは何でしょうか。よく言われているのは以下の2つです。

  1. 紛失しても、再発行が受けられる。
  2. 現金を両替するよりも為替レートが有利。

1つめに関しては、その通りです。現金を盗まれたとしたら、それが戻ってくる可能性はまずないでしょう。でも、トラベラーズチェックの場合、前回の説明(トラベラーズチェックで、古き良き時代の海外旅行気分)の(2)にサインをしていなければ、紛失したものが使われることはほとんどないはずですし、発行会社に紛失の旨を申告すれば、再発行してもらえるのです。

ただ2つめについては、そうとは限らないケースも多くあります。



たとえばタイにトラベラーズチェックを持っていくと

たとえばタイトラベラーズチェックを持って旅行するとします。タイの通貨であるバーツ建てトラベラーズチェックは手に入らないので(少なくとも日本国内では)、日本円建てかアメリカ・ドル建てのトラベラーズチェックを持っていくことになります。タイだけの旅行なら日本円建てでOK(日本人旅行者の少ない国では、日本円トラベラーズチェックが使えない場合もあります)。ちなみに、トラベラーズチェック購入の際には基本的に1%の手数料がかかります。

アメリカにアメリカ・ドルのトラベラーズチェックを持っていけば、そのままそれをホテルやお店で使えますが、タイではまずダメです(外貨建てですし)。ならどうするか。トラベラーズチェックを銀行や両替所などに持っていって現地通貨に両替してもらいます。この両替の際、タイだと1枚につき23バーツ(60円相当。2005年当時)の手数料がかかります。1枚につきなので、額面の小さいトラベラーズチェックほど損をします。

タイに1万円を持っていくならどっちがお得?

2002年7月のデータで申し訳ないですが、タイの空港両替所での日本円両替レートは、1円あたり現金0.3405バーツ、トラベラーズチェック0.3449バーツでした。両替レートはトラベラーズチェックのほうがお得です。ただし、1万円のトラベラーズチェックを持っていったとすると、トラベラーズチェック購入時に1万円の1%なので100円の手数料が、更にタイ・バーツへの両替時に23バーツの手数料が引かれ、受け取りは3426バーツとなります。つまり10100円が3426バーツになったわけです。これを1万円あたりで換算すると3392バーツ。現金の場合は1万円が3405バーツになるので、レート的には現金より損ということになるわけです。

結局は安全性も軽減し…

このように、為替レートが現金よりもお得だと言われるトラベラーズチェックですが、タイ以外でもトラベラーズチェックを現地通貨に両替する際に、現金では取られない手数料を取られて、結局は現金より損になってしまう場合が多いのです。

で、手数料を節約しようと、高額のトラベラーズチェックを持っていくと、現地通貨の現金を多量に持つことになりますから、トラベラーズチェックの利点である安全性も軽減してしまう訳で…。

まあそれでも、現金かトラベラーズチェックか2択だった時代には、すべてを現金で持っていくよりも、「お金を全部なくしてしまったら」ということに対しての安心感でもありました。クレジットカードが使えるお店や銀行ATMが格段に増えるまでは。

ちなみに、写真は香港の両替所です。




関連記事



「トラベラーズチェックは本当にお得?」へのトラックバック

トラックバック先URL

「トラベラーズチェックは本当にお得?」へのトラックバック一覧

トラベラーズチェック総まとめ

from 絵でわか〜る。はじめての海外旅行 at 11/10/01

2014年3月31日、アメリカンエキスプレスは国内でのトラベラーズチェックの販売を終了しました(リンク)。これによって国内でトラベラーズチェックを買うこと...


この記事のタグ:            


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング