国際キャッシュカードとは何ぞや? - 海外旅行ガイドブックのお仕事

国際キャッシュカードとは何ぞや? - 海外旅行ガイドブックのお仕事


国際キャッシュカードとは何ぞや?

Posted at 07/02/12 Trackback(0)»

前回までトラベラーズチェックについて書きましたが、じゃあ、トラベラーズチェックの代わりに何を持って行けばいいのかと…。まずは、今回より話題に取り上げます「国際キャッシュカード」です。



三井住友銀行の国際キャッシュカード

国際キャッシュカードっていつできた?


すでに書いていますが、僕は海外旅行のマニュアル本のようなものを編集・執筆したことがあるのですが、ちょうどその編集をしていた頃(1997~1998年)、「国際キャッシュカード」というのが世に出だしました。


この国際キャッシュカード(ちなみにこの名称は、僕も使用している現三井住友銀行の商品名(?)ですが、一番特徴を捉えている名称ということで、当ブログでは一般名として利用しています)を簡単に説明するならば、日本で持っている銀行口座の貯金を、海外にあるATMで現地通貨にて引き出せるというキャッシュカードのことです。ただ、普通に持っているキャッシュカードが使えるのではなく(一部の銀行のものは利用可)、一応そのために別途手続きが必要で、「20歳以上で定期収入がある人」、なんて条件があるものもありますので、興味を持たれたらご自身で確認ください。

※上の写真が三井住友銀行の国際キャッシュカードの裏面です。赤枠で囲んだ「PLUS」というマークがありますが、このマークまたは「Cirrus」というマークがついていると海外のATMでも使えます。そのほかの見た目は一般のキャッシュカードと同じです。


国際キャッシュカードの優れた点‐有利なレート


国際キャッシュカードの出現以前も、海外でクレジットカードでのキャッシングは可能になっていました。日本国内では金利が高いと敬遠されがちなクレジットカードでのキャッシングですが、日本円現金を外貨に両替する時よりも有利な電信レートで換算されるため、実は金利がついても返済時期によってはお得になりもします。

返済時期による返済合計金額の差額については、「クレジットカードのキャッシングは返済方法で数千円お得?」にて書いています。


わかりにくいので電信レートについて説明しますと、たとえばタイで日本円をタイの現地通貨に両替したとします。両替した日本円は、もちろんタイに残ります。一方でタイ国内で、タイの通貨を日本円に両替する人もいるでしょうが、両国の旅行者数の相違を考えれば、日本円が現地に残る割合のほうが断然多い。したらどうするか。現地にだぶついた日本円を日本に送り返す必要があるのです。そうなると、現金輸送のための輸送費やら盗難保険やらがかかり、結局これらが為替手数料に上乗せしたレートをつけなくてはならなくなるのです。つまり、現金を輸送する必要がない、クレジットカード国際キャッシュカードでの両替には、より有利なレート(電信レート)が適用されるのです。


さらに国際キャッシュカードの利点を述べると


国際キャッシュカードの利点を追記するなら、国際キャッシュカードの登場以前は、たとえば盗難などで旅行先で現金をすべて失った場合、両親などから送金してもらうという方法も試みられました。しかしこの場合、詳細な資料はないですが、かなり高額な手数料が発生し、しかも国によっては送金したのに届かないというケースがあったりと不安定なものだったようです。こんなケースをとても簡単にしたのも、この国際キャッシュカードでした。このカードを緊急用にリュックの内ポケットにでも入れておけば、いざというとき、両親などに自分の口座に現金を振り込んでもらえれば、それを海外のATMで簡単に引き出せるようになる訳です。


では、実際にこの国際キャッシュカードとやらはお得なのか、次回以降から検証していきたいと思います。




関連記事



「国際キャッシュカードとは何ぞや?」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング