国際キャッシュカードの過去と現在 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

国際キャッシュカードの過去と現在 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


国際キャッシュカードの過去と現在

Posted at 07/02/22 Trackback(0)»

ブラジルのATM 国際キャッシュカードについて、僕がガイドブック記事のために調べたのは1998年のこと。シティ銀行のほかに僕が紹介リストに載せたのは(たしか、これしかなかったかと)さくら銀行、住友銀行、富士銀行の3行。9年の年月を感じますね。今ではさくら銀行と住友銀行が一緒になって三井住友銀行となり、富士銀行はみずほ銀行になっています。



現在どうなっているかと調べてみますと(僕はさくら銀行からのユーザーですので、三井住友銀行のほうは知っていましたが)、三井住友銀行は住友銀行が使用していた名称の「国際キャッシュカード」を引き継ぎ、みずほ銀行も富士銀行の「インターナショナルキャッシュカード」を引き継いでいるようでした。

三井住友銀行国際キャッシュカード http://www.smbc.co.jp/kojin/sonota/cash/index.html みずほインターナショナルキャッシュカード http://www.mizuhobank.co.jp/start/international/

ただし、変ったのは銀行名だけのようで、それぞれのキャッシュカードの内容を見ると、9年前とほとんど変化がないようです。

三井住友銀行国際キャッシュカードは、引き出し1回につき手数料200円、残高照会に手数料100円(いずれも消費税はかからず)、為替レートは「VISAインターナショナルが定めたレートに3%を加算したレート」ということ。
三井住友銀行の国際キャッシュカードサービスの手数料、為替レートが変わりました。詳しくは、「三井住友銀行の国際キャッシュカードが…」にて書いています。

みずほインターナショナルキャッシュカードは、引き出しに手数料 210円(消費税等含む) 、残高照会手数料 無料で、 レートは「引出外貨額にシーラス接続手数料1%を加え、マスターカードの所定レートで米ドルに換算し、[公示仲値+4円]で円換算」というややこしいもの。

さらにいずれも、これらのキャッシュカードを作るには、カード発行手数料として1050円がかかります(条件によっては無料となる)。

次回へ続きます。

※写真はブラジルのATMです。




関連記事



「国際キャッシュカードの過去と現在」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング