国際キャッシュカードの王道、シティバンクのキャッシュカード - 海外旅行ガイドブックのお仕事

国際キャッシュカードの王道、シティバンクのキャッシュカード - 海外旅行ガイドブックのお仕事


国際キャッシュカードの王道、シティバンクのキャッシュカード

Posted at 07/03/02 Trackback(1)»

シンガポール、シティバンクのATM

国際キャッシュカードの続きです。シティバンクキャッシュカードはメジャーすぎるし、まあいいかとも思っていましたが、一応取り上げておきます。


シティバンクキャッシュカードとは、もちろん米国citibank(シティバンク)のキャッシュカードのことを言っています。ちなみに、日本円貯金を海外で引き出せるカードはバンキングカードという名前です。



2009年7月追記:その後、シティバンクのシティバンキングカードは海外でのATM利用に210円の手数料がかかりようになりました。最新の情報は「国際キャッシュカード、新生銀行と他社比較」にてチェックしてください。


※写真は、シンガポールの地下鉄駅構内にあったシティバンクATMです。



シティバンクキャッシュカードの海外使用時の適用為替レートは、以下の通りです(ここは読み飛ばしていただいても結構です)。

シティバンクの適用為替レート

「外貨から円貨への換算は、米ドルの場合、当日のシティバンク在日支店店頭での米ドル電信売レート(TTS)に3%を乗じたレート(TTS×1.03)となります。その他の通貨の場合は、提携機関が定めたレートで米ドルに換算された金額に、上記のレートを乗じて円貨を算出。シティバンク以外のネットワークを使用した場合、所定の手数料がかかる場合があります。例:Plusネットワークの場合、取引金額(ATMオーナー手数料等を含む)の0.85%。」(以上、シティバンクのHPより)

シティバンクカードのメリット

上の文章ではちょっとわかりにくかもしれませんが、レート的にはほかの銀行の国際キャッシュカード(新生銀行を除き)とほぼ同等。条件などを無視してメリットをあげれば、まず海外でも下にあるマークがついているATMで引き落とすなら手数料がかからないということです。

citibank.jpg

すでに紹介している三井住友銀行ほかの国際キャッシュカードでは、毎回の引き落としの度に200円程度の手数料がかかることを考えればお得です。またシティバンクに口座を持っていれば、シティバンクのトラベラーズチェック発行手数料が無料、それと2006年前半以前からGoogle AdSenseを使用している方なら外貨小切手の換金手数料が有利になるということでもご存じかもしれません。


三井住友銀行の国際キャッシュカードサービスの手数料、為替レートが変わりました。詳しくは、「三井住友銀行の国際キャッシュカードが…」にて書いています。

なお、シティバンクカードと、新生銀行のカードを含めた日本の国際キャッシュカードの詳細比較は、こちらの記事で書いています→「シティバンクと日本の銀行の国際キャッシュカードを比較

シティバンクカードのデメリットは

シティバンクの口座を持つデメリットとして、「外貨建て預金・外貨建て投資信託残高の合算が月間平均総預り残高が20万円相当額以上」または「日本円および外貨合算の月間平均総預り残高が50万円相当額以上」がない場合は、月額2100円(税込み)の口座維持手数料がかかってしまうということです。僕を含め(恥ずかしながら)、「外貨貯金や投資なんてしてねえ!」「銀行に50万円もねえ!」という人は、実に年間25200円の口座維持手数料を取られてしまうわけです。

シティバンク口座維持手数料の回避術

ただ、上記条件を満たしていなくても口座維持手数料が免除されるケースがあります。たとえば、シティバンクのクレジットカードのゴールドカード会員、シティ ゴールドカードを持っていて、シティバンクを引き落とし口座に指定の場合には口座維持手数料はかかりません。

実はそれほど高くない、ゴールドカードのハードル

ゴールドカードなんて、と思うかもしれませんが、シティバンクゴールドカードは入会にあたっての基準は高くなく、最も入りやすいものでは目安として20歳以上、年収200万円以上(シティエリートカード)です。つまりは、お勤めをしているほとんどの人は対象じゃないでしょうか。また、正社員でないとゴールドカードなんて無理じゃないの?と思われるかもしれませんが、実は僕自身も派遣社員時代にゴールドカードを取得してます。シティバンクの口座を持ちたいけど、口座維持手数料を払いたくないという方は要検討です。初年度年会費は無料(シティエリートカードの初年度年会費無料キャンペーンは終了しています)、2年目から6300円(シティカードの年会費が2年目も無料になる裏ワザもありました)とのことで、口座維持手数料を払い続けるよりずっとお得です。

シティバンク+フライトマイレージ

あとこちらはゴールドカードも一般カードも対象ですが、デルタ スカイマイル シティ VISAゴールドカードならデルタ スカイマイルのマイルが最大1万マイル獲得できます。20000マイルでシンガポールやバンコク往復航空券が獲得できるので、海外に行く機会がある方で、クレジットカードが申し込める立場の方ならなら、初年度の年会費は無料なので、入会して損はないと思います。ちなみに、アメリカ西海岸往復で1万マイルほどですので、合算すれば東南アジア往復が無料でできちゃいます。無料航空券をゲットするためだけに……、なんて入会もいいんじゃないでしょうか。

後日談:なんと「シティカードの年会費が2年目も無料になる裏ワザ??」もありました。




関連記事



「国際キャッシュカードの王道、シティバンクのキャッシュカード」へのトラックバック

トラックバック先URL

「国際キャッシュカードの王道、シティバンクのキャッシュカード」へのトラックバック一覧

米シティ、日本業務最強化

from 金融起業家河合圭のオフショア投資ブログ at 10/07/15

 シティバンクが日本での業務を再度てこ入れするよう。前のブログでもご紹介したが、シティもUBSも今年プライベートバンカーを増員するそう。この記事にも金融資...


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング