ラオス、国道13号線のジャンクションでモン族の… - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ラオス、国道13号線のジャンクションでモン族の… - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ラオス、国道13号線のジャンクションでモン族の…

Posted at 07/05/22 Trackback(0)»

ラオス、プークンのモン族のおばちゃん

モデルは前回の「ルアンパバーンのモン族のマーケットにて」に引き続き、モン族のおばさんです。場所はラオスルアンパバーンから、首都ビエンチャンに向かうバスの途中休憩で、ジャンクションでもある町、プークーンという村。ラオス有数の観光地、ジャール平原へ向かうラオス国道7号線の分岐点です。ちなみに、古都から現首都へ続く国道ということで、日本なら京都から東京までの国道1号線にあたる、ラオス国道13号線道中です。



このラオス国道13号線ですが、国の最重要道にもかかわらず、僕が最初にこの地域のガイドブックを担当した1997年当時にはほぼ舗装されておらず、通常で十数時間を超える行路(現在は10時間ほど)、雨が降れば通行不可にもなりかねない区間でした。が、それから5年を経て2002年に訪れた際にはすっかり舗装されていて快適でした(とはいえ、多くは山道のクネクレ道なので、乗り物に弱い人には地獄かもしれません)。

ただし、このラオス国道13号線ですが、僕が知っているほとんどの時期を、日本外務省から「反政府集団とみられるグループと政府軍との間で戦闘がたびたび発生する」と発表されている危険区間でもあるのです(責任を無視して発言するならば、ここ10年ほどで2,3度そのような事件があったというだけのことなのですが)。ほとんどの人が何もなく通過でして、「なんでこんな平和な区間を」と思うところですが、ここを訪れる予定のある方はそのようなことを頭に入れて行動していただきたいものです(外務省のページ)。




関連記事



「ラオス、国道13号線のジャンクションでモン族の…」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング