2007年の暖冬から、世界遺産の氷河を思う - 海外旅行ガイドブックのお仕事

2007年の暖冬から、世界遺産の氷河を思う - 海外旅行ガイドブックのお仕事


2007年の暖冬から、世界遺産の氷河を思う

Posted at 07/06/20 Trackback(0)»

アルゼンチン、ロス・グラシアレス氷河国立公園

アルゼンチン、南部パタゴニア地方の世界遺産ロス・グラシアレス氷河国立公園です。拠点となるのはアルゼンチンカラファテという町。前出のチリのパイネ国立公園の拠点の町であるプエルト・ナタレスから、バスで国境を越えて5時間ほどの位置にあります。



2007年の異常ともいえる暖冬は、寒がりな自分としては過ごしやすくはありましたが、ふとこの大氷河を思い起こすと、どれだけ地球にとって危ういことか、身近に感じられました。

このロス・グラシアレス氷河を訪れたのは4月中旬。南半球なので秋ですが、ちょっとシーズンが過ぎてしまっていました。ベストシーズンはもちろん夏。気候がいいのはもちろん、気温が高いため(といっても暑いわけではない)、氷河がよく轟音とともに崩れるわけです。氷河は荘厳ですが、ただ見続けても10分で飽きてしまいます。

しかし、氷河は青かった(前に理由を書いています)。




関連記事



「2007年の暖冬から、世界遺産の氷河を思う」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング