世界遺産の町の子どもたちは無関心(ルアンパバーン) - 海外旅行ガイドブックのお仕事

世界遺産の町の子どもたちは無関心(ルアンパバーン) - 海外旅行ガイドブックのお仕事


世界遺産の町の子どもたちは無関心(ルアンパバーン)

Posted at 07/05/06 Trackback(0)»

ラオス、ルアンパバーンの外人をよそにセパタクロに熱中する子供たち

ラオスの古都で、町全体が世界遺産に登録されているルアンパバーン(本によってはルアンプラバン)です。ちなみに、このルアンプラバンという言い方はタイ語での読み方なんだそうで、確かにラオス国内ではルアンプラバンではなく、ルアンパバーンと呼ばれていました(日本人の耳としては)。

参考記事:Wikipedia(ルアンパバーン



さすがに世界遺産の町だけに、路地を覗けばそこら中に外国人(特に白人旅行者)の姿が目立ちます。ほかのラオスの村の子どもなら(少なくとも2002年当時は)、白人を珍しそう凝視したりするもんですが、ここルアンパバーンでは、白人がいても無関心。セパタクロ(サッカーとバレーボールが混ざったようなスポーツ)に熱中していました。




関連記事



「世界遺産の町の子どもたちは無関心(ルアンパバーン)」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング