ルアンパバーンのモン族のマーケットにて - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ルアンパバーンのモン族のマーケットにて - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ルアンパバーンのモン族のマーケットにて

Posted at 07/05/20 Trackback(0)»

ラオス、ルアンパバーンのモン族のマーケット ラオスルアンパバーンのほぼ中心、モン族の広場というところで開かれていたマーケットです。カラフルなラオス調バッグなど、外国人観光客向け商品を主に扱っているようでしたが、それほど積極的に商売をしている感じではなかったです。

モン族についての詳細は ↓ こちら



ちなみに東南アジアには(日本語で)モン族と表記される民族は2つ存在します。英語でMonと表記される、かつてタイのチェンマイの南にハリプンチャイ王国を築いたモン族参考記事)と、Hmongと表記し、ベトナムラオスの北部や、中国の貴州省や雲南省などの山岳地帯に暮らす、ミャオ族・苗族とも呼ばれるモン族参考記事)ですが、ここでいうモン族は後者のほうです。藍染めの民族衣装を着ているのが主な特徴で、ラオスでは(全員ではないですが)女性が青い帽子のようなものを被っているのが印象的でした。

このモン族は、ベトナム戦争中に米軍に特殊部隊として教育され、米軍の負担を軽減すべく最前線に投入されたといわれており、米軍がベトナムから撤退した後は迫害され、多くが米国に亡命したという悲しい歴史もあります。興味がある方は、下の書籍を参照ください。




関連記事



「ルアンパバーンのモン族のマーケットにて」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング