飛んで火に入る…ベトナム・ラオス国境 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

飛んで火に入る…ベトナム・ラオス国境 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


飛んで火に入る…ベトナム・ラオス国境

Posted at 07/07/08 Trackback(0)»

ラオス~ベトナム国境、ベトナム側出口

引き続き、ラオスベトナム国境です。前回「ベトナムとラオスの国境で、一応隠し撮り」で書いたのと同じ国境です。朝8時には国境に着いたにもかかわらず、ここで15時まで、途中何時に出発するかも知らされずにウダウダしておりました。



ちなみに、この国境は写真で見ての通り、かなり標高が高そうな所にあり、この時6月ながら、長袖シャツでも肌寒いほどでした。もちろん国境の出入国審査所前なので、特に楽しめるものなどあるわけもなく、ひたすらバスから出たり戻ったりの繰り返し。

そんなとき、国境出口にタクシーらしきバンがいるのを発見。近づいていくと、すでに交渉をしている外国人たちがいたのでその交渉の中に勝手に加わってみると、すぐ近くの町まで(後に数十分程度の距離と判明)1人20米ドル。4人グループだったので1台100ドル。交渉に交渉を重ね、1人なんと5米ドルまで下がっていましたが、1人で交渉したら、いくらになることやら。ほかのタクシー運転手数人に囲まれて、ものすごくボッたくられていたこと、間違えなし。こっちは早く移動したい一方、向こうは時間はいくらでもある。立場が違いすぎます。




関連記事



「飛んで火に入る…ベトナム・ラオス国境」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング