水着を着ないでプールに? マレーシアのクアンタンにて - 海外旅行ガイドブックのお仕事

水着を着ないでプールに? マレーシアのクアンタンにて - 海外旅行ガイドブックのお仕事


水着を着ないでプールに? マレーシアのクアンタンにて

Posted at 07/07/28 Trackback(0)»

マレーシア、クアンタンのプール

初登場マレーシアは、マレー半島の東海岸沿いの町、クアンタンから。首都クアラルンプールとだいたい同緯度に位置する、東海岸の主要都市です。



マレーシアイスラム教を国教とする国。世界の例に漏れず、首都クアラルンプールなど西海岸沿いの都会では、現在では大夫戒律が緩くなってきているのに比べ、クアンタンを含む東海岸沿いの町々ではまだしっかりと守られています。

たとえば、飛行機の国内線でクアンタンに着くと、女性の水着姿が載った雑誌などを持っていないか、などと聞かれます。そしてお酒。クアラルンプールでは、たいていのレストランでお酒を飲むことができますが、東海岸の町ではお酒を出す店はなかなか見つからない。酒好きの僕としては厳しい…。

そしてなんともビックリしたのがプール。僕はデルービーチ・ホテルDe Rhu Beach Hotelという、一応リゾートホテルに宿泊したのですが、一般に東南アジアのリゾートだと外国人宿泊者ばかりなのですが、ここはマレーシア人ばかり。で、プールへ行ってみると。。

たしかにイスラム教の戒律では女性は肌を露出してはいけないんですが、プールまでこんな感じでした。しかも、子供、男性まで。なんか嫌だな…。




関連記事



「水着を着ないでプールに? マレーシアのクアンタンにて」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング