海外旅行ガイドブックのお仕事、始まりはアルバイト情報誌から - 海外旅行ガイドブックのお仕事

海外旅行ガイドブックのお仕事、始まりはアルバイト情報誌から - 海外旅行ガイドブックのお仕事


海外旅行ガイドブックのお仕事、始まりはアルバイト情報誌から

Posted at 06/06/26 Trackback(0)»

海外旅行ガイドブックのお仕事への道 1

今回からはしばらく、僕が海外旅行ガイドブック仕事に就くまでの経緯について書きたいと思います。

自分でいうのもなんですが、よくガイドブックの仕事をしている(現在は異なります)というと、「いいですね、いろんな国に行けて」と羨ましがられます。もちろん、そんな羨ましがられる部分だけの仕事ではないんですけど、どんな仕事もそうかと思いますが、外から見ているのと中から見るのでは大夫違うものですからね。

さておき、そもそも僕にとってガイドブックのお仕事って特にやりたかった仕事ではありませんでした。というよりも、ガイドブックの存在はもちろん知っていましたが、それを毎年もしくは数年に1度“誰かが現地へ行って”データを更新してくる仕事があるなんて考えてもいませんでした。



当時とある専門学校を卒業し、バイト生活を送っていた僕は、あることが原因で準社員的な役割にまで上りつめていたバイトを辞めて次の仕事を探していました。その時に買ったアルバイト情報誌に載っていたのが、この仕事でした。もう9年も前のことなので詳細は覚えていませんが、「海外旅行ガイドブックの編集、社員募集」という大まかな募集内容だったと思います(結局、この情報誌を見て応募したのはこの1社のみでした)。

ちなみに、ガイドブックの仕事をしていると言うと「ああ、あの会社にお勤めなんですかぁ」なんて言われますが、ガイドブックの表面に記載されている大手出版社の人間が実際に取材したりする訳ではないんですね(中にはそういうところもあるでしょうが)。取材・写真撮影から記事の執筆、表紙のデザインを決めるまで、編集プロダクション(略して“編プロ”)と呼ばれる会社(従業員数は1人から大きくても10人未満程度)が下請け的にやっている訳なんです。で、僕が見た求人広告も、その編プロと呼ばれる会社の1つでした。

早速電話をしてみました。後に同僚で友人になる人ですが、暗~い感じの声の男性が応答しました。「外国に1人で取材に行くことになりますが大丈夫ですか?」「英語で取材することになりますが大丈夫ですか?」「残業が結構ありますが、よろしいですか?」、「残業代は出ませんがよろしいですか?(オイオイ)」。応募の旨を伝えると、その男性はこのように問うてきます。あたかも、この仕事はやめたほうがいいよ的に。僕はいずれの質問にも希望に満ち満ち「大丈夫です」と答え、後日面接を受けることとなりました。

>> 海外旅行ガイドブックのお仕事への道 2 に続く




関連記事



「海外旅行ガイドブックのお仕事、始まりはアルバイト情報誌から」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング