ミシュランガイド騒ぎに元旅行ガイド本取材者が思うこと - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ミシュランガイド騒ぎに元旅行ガイド本取材者が思うこと - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ミシュランガイド騒ぎに元旅行ガイド本取材者が思うこと

Posted at 07/11/24 Trackback(0)»

2007年11月22日に発売になったミシュランガイド東京が、連日新聞などを賑わしています(僕が購読している日刊スポーツにも連日載っています)。レストランのレベルを星の数(最高3つ)でランク分けするスタイルの、世界的に有名なガイド本の日本第1号ですが、個人的には本自体よりも、ここまで騒ぎになるものかという方向で驚いています。

そんなことを言いつつもちょっと便乗して、ちょっとレベルが違うかもしれませんが海外旅行ガイドブック取材レストラン取材もしてきた僕が、旅行ガイドブックレストラン取材はどうだったかということも含め、話題のミシュランガイドについてヒトコト。



新聞やネットのニュースをザッピングすると、「ミシュランガイドの星の総数はパリの97個、ニューヨークの54個をはるかに上回り、東京は191個である」とか、「初日の発売に六本木ヒルズの書店で500人が行列を作った」だとか、「ヤフオクで高値で取引されていた」などなど景気のいいコメントが並びます。

3つ星を獲得したレストランは、ひっきりなしに予約や問い合わせの電話などが入り、年内どころか数ヶ月先まで予約が埋まってしまったというところもあるようです。

一方で、料理人、料理研究家を含め、反論もわき上がっています。「覆面調査員たった5人で何がわかる」とか「フランス人に日本の味がわかるのか」「日本が誇る焼き肉店が3つ星を取っていないのはおかしい」「3つ星を取ったレストランよりレベルが高い店はいくらもある」などなど。さらには、日本禁煙学会というところは、室内完全禁煙の店だけを紹介するべきだ、と要望書を提出するとかしないとか…。

毎日新聞のウェブ版によると「東京版は日本人2人と欧州人3人の計5人の調査員が、東京23区内の約1500店を1年半かけて調査した」そうで、日刊スポーツの社会面では「東京23区のうちの9区だけを取材」したのだそうです。まあ、レストランだけのガイドブックで、さらに少なくとも15万部は発行するようなので、もっと調査員は出せるのではないかと思いますけど…。

1500店を調査しているのに文句を言われてしまうのは、やはりミシュランガイドだからだとも言えますけどね。

>「旅行ガイド取材者のミシュラン評価」に続く




関連記事



「ミシュランガイド騒ぎに元旅行ガイド本取材者が思うこと」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:      


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング