「海外旅行ガイドブックのお仕事への道」、再開です - 海外旅行ガイドブックのお仕事

「海外旅行ガイドブックのお仕事への道」、再開です - 海外旅行ガイドブックのお仕事


「海外旅行ガイドブックのお仕事への道」、再開です

Posted at 08/05/04 Trackback(0)»

海外旅行ガイドブックのお仕事への道 13

ビーチ、イメージ 「海外旅行ガイドブックのお仕事への道」の12章目である「海外取材、乗り物酔いの克服法は…」を書いてから2年弱、尻切れになっていたシリーズを再開です(もしよろしければ、シリーズ初回の「海外旅行ガイドブックのお仕事、始まりはアルバイト情報誌から」からお読みください)。

前回はガイドブック取材の3日目、島へ船で渡ったところから乗り物酔いの話になり、そのまま話は終ってしまっていましたが、ようやく(2年越しで)一行はリゾート島に到着です。



あえて訪問国名は控えていますが、東南アジアのとある国です。この取材の前後に日本でも注目されるようになったリゾートの島で、当時はそれほど日本人の姿を目にはしませんでした。

宿泊したのは、海まで徒歩1分以内に位置するコテージタイプの部屋でした。ちなみに、日本やハワイ・グアム・サイパンなどのリゾート地でこんなコテージタイプに泊まれば結構な値段がしそうなものですが、東南アジアの小規模リゾート地なら安いところなら1000円以下でも泊まれます。

ところが、案内されたのはダブルベッドの部屋。当然のように案内するホテルスタッフと、それを見て固まる僕。ゲイが多いお国柄だけに結構多いんでしょうね。でも僕は当時はそんな事情も知らないし、社長と知り合ってまだ日も浅い。「おいおい、社長がそういうリクエストを出したんじゃないだろうな」と戸惑い(なんの戸惑いだ!?)、ここで僕のほうから拒否反応を示さなくてはならないかな、などと思考を巡らせていると、社長のほうから「なんでダブルなんだ?」とスタッフにクレーム。部屋を交換してもらいました。ほっ。

部屋に荷物を置くと、取材開始です。
※写真は初取材の国と同じ国内の別の島です。

>> 海外旅行ガイドブックのお仕事への道 14 に続く




関連記事



「「海外旅行ガイドブックのお仕事への道」、再開です」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:      


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング