アルゼンチン、異常にタクシー運転手の気性が荒い町 2 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

アルゼンチン、異常にタクシー運転手の気性が荒い町 2 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


アルゼンチン、異常にタクシー運転手の気性が荒い町 2

Posted at 06/07/01 Trackback(0)»

アルゼンチン コルドバ レストラン 無料 画像

アルゼンチン、異常にタクシー運転手の気性が荒い町 1の続きです。前回はコルドバ空港から町までのタクシー運転手の話でしたが、実はコルドバのたった2泊3日の滞在でそういう運転手は彼1人だけではなかったのでした。



コルドバ2日目の最後の取材は、「エル・アラバル」というタンゴ演奏のあるレストランだったのですが、町外れにあるためタクシーを利用しました。通りかかったタクシーを止めると、20代ぐらいの男性運転手が運転席から手を伸して後部ドアを開けてくれました。お、親切な運転手だな、ってちょっと感心。銀縁の丸メガネをかけた、金髪カーリーヘアで、パリジャンテイストのお洒落な感じの人でした。

有名店なので店名を言うとすぐに理解してくれ、出発進行。と・こ・ろ・が、行き先が走行していたのとは逆方向だったようで、いきなり「あぶない刑事」バリに(古い!)タイヤをキイキイ鳴らしてUターンです。その後は空港からのタクシー同様に、基本急発進、急ブレーキで、スペースがあれば急ハンドルで車線変更、トロトロ運転している人がいればクラクション。さらに驚いたのが、この一見穏やかそうな運転手でしたが、この人も信号待ちに窓を開け(ちなみに助手席側の手動窓。手を伸してグルグル回し)、隣のドライバーと口論です。やれやれ(村上春樹風に)。

冷や冷やの連続でようやくレストランに到着。お金を払い車を出て、普通の日本車のドアを閉める感覚でドアを閉めました。ところが、ドアを閉めながらに気づいたのですが、そのドアはやたらに軽く…。案の定「バターン」と勢いよく閉まってしまいました。

ちょっと間があってから、運転手のお兄ちゃんは僕に声を掛けてきました。もしかしてお金が足りないとか言い出すんじゃねえだろうな、なんて思ったんですが(ドアの閉め方についてだったら、閉めてすぐに言うだろうし)、やっぱりドアの閉め方に対して文句でした。

早口でほとんどわからなかったのですが、先ほどの口論のようなすごい剣幕でちょっと焦りましたね。でも、それはすぐに治まりました。乗っているときからエンジンの調子が悪かったのですが、停車したせいでエンストし、その後エンジンかからなくなったみたいです。その修理のために口論どころではなくなったのかも。ボンネットを空けて、何やらやりイジリ始めました。こんな車に乗っていたら、ストレスもたまるって。

最後に、コルドバタクシー運転手の名誉のために書いておきますが、最終日に空港まで乗ったタクシー運転手は普通でした。 写真は「エル・アラバル」店内です。




関連記事



「アルゼンチン、異常にタクシー運転手の気性が荒い町 2」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング