2006年8月2日の亀田興起戦への苦情から考える、ガイドブックの変化 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

2006年8月2日の亀田興起戦への苦情から考える、ガイドブックの変化 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


2006年8月2日の亀田興起戦への苦情から考える、ガイドブックの変化

Posted at 06/08/03 Trackback(0)»

今日は(2006年8月2日)ちょっと早めに帰宅して、ボクシングの亀田(vs ランダエタ)戦を見ました。普段は格闘技ってそれほど興味ないんですけど(幼少の頃の全日本プロレスぐらいかな、好きだったのは)、数年前まで日曜の18時頃にTBSでやっていたZONEというスポーツドキュメンタリー番組で、まだ全国的には無名だった頃の亀田3兄弟を見ていたんで、やっぱり気になります。先物買いしたって気分ですかね。同じく先物買いのTBSは、もっとウホウホですね(しかし、あの伸ばし伸ばしの番組進行はかなりいただけない)。



で、女性の方がどう思われるかはわからないですが、男の僕としては、試合後に父親と涙を流して抱き合っている亀田興毅が、やっぱりうらやましく思えるんですよね~。自分の人生ではまず起らないであろうこと(父親と抱き合うこと)ですし、僕はまだ独身ですが、子供を持ったとして、ああいう親子関係になれるかって考えると、自信がないですよね。思わずうらやましさもあって、若干のもらい泣きしてしまいました。

男は単純ですから、こういうのを見て、さあ自分も頑張るぞって、なったりして。

(ここから翌日述)僕も一言文句を書きましたが、TBSへの苦情が4万件超だそうですね。今の段階では、どういうことでの苦情が何%だったのかはわかりませんが、新聞などを見ると、試合の判定についてと、試合開始までが長すぎるということみたいです。

僕の場合は放映の仕方(試合まで延ばし延ばしし過ぎ)についての文句でしたが、でも判定についての苦情をテレビ局にしちゃう人も多いんですね。僕は苦情を言われる立場にずっと(今の仕事でも)いるんですが、苦情を言う側の立場が高すぎてきているんじゃないか、ってちょっと心配です。

ガイドブック業界も、西暦1990年代を境に(1人の下っ端の意見ですが)読者にやたら腰が低くなってきたように思えます。1件でも苦情があったら記事を変更しちゃうみたいな。これは、ある意味、逆情報統制じゃないかって思うんですよね。




関連記事



「2006年8月2日の亀田興起戦への苦情から考える、ガイドブックの変化」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング