旅行会社の未来はどうなるの? - 海外旅行ガイドブックのお仕事

旅行会社の未来はどうなるの? - 海外旅行ガイドブックのお仕事


旅行会社の未来はどうなるの?

Posted at 07/04/24 Trackback(0)»

今日の日経新聞(2007年4月24日)に、アメリカではヒルトンをはじめ、主要ホテルチェーンのサイトにて直接宿泊予約をする人が、ホテル予約サイトなどを通して予約する人を上まっているという内容のニュースが出ていました。

アメリカの旅行業界が好景気で、埋まらない空室を破格値でさばく必要がないため、旅行会社予約してもホテルで直接予約しても、それほど値段が変らないというのがあるようです。それなら、より安心感のあるホテルへ直接予約するほうを選ぶというものですよね。

さらに、航空業界でも直接予約が大半を占めてきているとのこと。このまま進めば旅行会社の必要性はどんどんとなくなっていくだけ…。



日本ではまだ、ホテル直営サイトで予約するのは高い!という感じがしますし(そのうち比較してみます)、航空券も、航空会社が直接売るゾーンペックス運賃がかなり手頃になってきていますが、まだ格安航空券並みとまではいっていない。

とはいえ、個人でもホテル予約会社で簡単に予約ができるようになってきた昨今、航空会社で格安航空券と変らない値段で買えるようにさえなれば、旅行会社の存在は危ういですよね。

実は、僕は7年ほど前に、研修という名のもとに旅行会社に3ヵ月間勤務した経験があるのですが、お客さんがその旅行会社ホテル予約をすると、スタッフがお客さんに代ってJHCとかアップワールドなどいったホテル予約会社で予約するというようなことをしていました。完全なる中間マージン。無駄はどんどんなくして、もっと安く旅へ行きたいもんです。

生き残っていくのは、楽天トラベルや前出のアップルワールドのように、クチコミ情報満載!的な成功サイトか、要介護者向け旅行などニッチ商品を扱うところだけかもしれませんね。




関連記事



「旅行会社の未来はどうなるの?」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング