南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー1 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー1 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー1

Posted at 06/09/06 Trackback(0)»

久々に南アフリカです。ちょっと前に書いていた南アフリカシリーズは、旅のはじめのケープタウンでストップしているのですが、今回は旅のほぼ終わりのヨハネスブルグでの出来事です。



とはいっても、ワールドカップ開催地として南アフリカが語られるようになってから、さんざん南アフリカ治安の悪さが語られ、中でもヨハネスブルグ治安は相当ひどい、戦争中でない都市では世界一ひどい、といろんなところで書かれている(センエツながら僕も書いています)と思われる“そのヨハネスブルグ”ではありませんで、ちょっと郊外の話です。


まあ、ヨハネスブルグの場合、中心街というのは旅行者など恐らくいない無法地帯で、よほどのイッテいる人以外は郊外に泊まるんです(まあ、中心分に宿泊できる施設などもう残っていないと思うのですが)。金融も何もかもが郊外に移っている訳ですから、何が中心部だか訳がわからないのですが。


 国の治安が悪いおかげで、旅行者のために発展したものがありました。それがバズバスというバスのシステムです。僕自身、一般の長距離バスに乗り、それほど怖い体験はしませんでしたが、時には怖い思いもするらしく、さらに都市によってはバスターミナルに荷物を持って降り立ったら、すぐにエジキにされてしまうようなお国柄です。空港に着いたらハイヤーで移動、みたいなリッチな旅行者以外は、多くがこのバズバスを利用することになるという重宝ものです。


 前置きが長ったらしいですが、まずこのバスは完全予約制であり、予約をすると泊まっている宿まで迎えに来てくれるわけです。同じように、その町でバス予約をした客が泊まっている宿を回り、すべてが揃ったところで次の町へ。次の町に着いたら、バスターミナルなどへは寄らず、利用者が希望の宿へ直行してくれるというシステムです。 このバズバスの利用者が多い宿に泊まると、その宿で次の町の○○って宿がいいよ、という情報を聞き、その宿からそちらの宿へとドサっと訪れるというように、人気の高い宿をつなぐ役割も担っていたりもします。しかし、必ずそうという訳でも…。


>> 南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー2 に続く




関連記事



「南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー1」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:            


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング