南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー5 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー5 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー5

Posted at 06/09/11 Trackback(0)»

南アフリカといって思い浮かぶ(ある年齢以上?)、アパルトヘイトについて、僕なりの見解です。僕が南アフリカ取材で訪れたのは2000年のことでした。今書いている内容も、その当時のことです。



南アフリカといえば、アパルトヘイト(人種隔離政策)で悪名高い国でしたが、一応法律上では1991年には廃止されています。しかし、もちろん法律で廃止になったからとはいえ、習慣となってしまっていた白人とそれ以外(黒人以外にも、白人と有色人種の混血、インド系、中国系などすべての有色人種が対象。一応、日本人は名誉白人などと呼ばれて対象外だったとは言われていますが)の関係は、すんなりと終るはずもなく。


この取材では、テーマとして「アパルトヘイトの現在」という点にも注目していました。80対20のパレートの法則(でしたっけ?)ではないですが、現在でも富のほとんどを少数の白人が握っていて、多くの黒人が貧しい暮らしをしていました。彼らは昔の黒人居住区に現在も住み続けており、名前こそ黒人居住区ではなくなっていますが、実質変らないわけです。


南アフリカの各都市では、そんな旧黒人居住区を案内してもらう「タウンシップ・ツアー」というものがありました。たいていは、そこの居住区に住む住民が、居住区を案内してくれ、そのガイドの家などで食事をしつつ、話を聞いたりという内容でした。僕はポートエリザベス、ダーバンヨハネスブルグの3都市でこのツアーに参加しました。ガイドの1人が言いました。「アパルトヘイトが廃止になろうと、生活はほとんど変っていない。今でも黒人は黒人同士で暮らしているし、移動もほぼ黒人専用のバスを使っているし、仕事も白人のヘルパーのような仕事ばかりだ」。


そして、ある意味、白人側の象徴だったのが、この宿のオーナーでした。


>> 南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー6 に続く




関連記事



「南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー5」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング