ビビリまくっていた、南アフリカでの日々 1 - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ビビリまくっていた、南アフリカでの日々 1 - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ビビリまくっていた、南アフリカでの日々 1

Posted at 06/07/11 Trackback(0)»

FIFAワールドカップのドイツ大会も終わり、これでサッカーファンの寝不足も解消されますね(って、同じような会話を職場、学校、ニュース番組などでウザイほど耳にしたかとは思いますが)。でも、4年後の次大会はドイツと時差のない南アフリカでの開催です。ということは、また夜中の3時とかに決勝戦が行われるであろう訳で。それまで充分に休養をとりましょう(?)。



その南アフリカには2000年に取材で訪れました。次回ワールドカップが開催されるということで、治安はかなり改善されたのでしょうが、当時はまだ非情に治安の悪い国として知られていました(いや、ニッカンスポーツでは、現在も治安がよろしくないと書かれていました)。特に南アフリカ最大の都市であるヨハネスブルグは、「戦争下にない国としては、世界で一番治安の悪い都市」と世界情勢の本に書かれていたほどでした。

ガイドブックのお仕事への道 4でも書きましたが、取材は基本的に1人で行います。しかも各所で写真を撮らなくてはならない(それなりに目立つ一眼レフカメラで)、地図チェックのため地図を見ながらウロウロすることもある、とまさに一般旅行者よりさらに危険にさらされる確率が高いのです。この時はシンガポール経由で、途中モーリシャスに立ち寄る飛行機で、待ち時間を含め30時間以上の行程だったと思うのですが。旅行なら、「おいおい、まだ着かないのかよ」、なんて思うところでしょうが、この時は「あ~、まだ飛行機に乗っていたいよ~」なんて思っていました。

もちろん、時間は待ってくれるはずもなく、ヨハネスブルグに到着です。ちなみに、この頃はまだデジカメを持っていなかったので、当時の写真はありません(フィルムで撮った写真はあるのですが、それを使用するためには以前勤めていた会社に出向かなくてはならないのでご勘弁を)。

>> ビビリまくっていた、南アフリカでの日々 2 に続く




関連記事



「ビビリまくっていた、南アフリカでの日々 1」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:          


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング