南アフリカ・プレトリアの日本大使館にて - 海外旅行ガイドブックのお仕事

南アフリカ・プレトリアの日本大使館にて - 海外旅行ガイドブックのお仕事


南アフリカ・プレトリアの日本大使館にて

Posted at 06/09/19 Trackback(0)»

ヨハネスブルグのその後のツアーについては後ほどにして、ヨハネスブルグダウンタウンへ行った数日後に飛びます。僕は首都プレトリア(首都はヨハネスブルグではありません)にある日本大使館へ治安事情を聞きに行きました。



ちょっと恥ずかしいことかもしれませんが、ガイドブック業界4年目にして、初の日本のお役所取材でした(他の国の大使館などは経験ありでしたが、このような治安の悪い国でないと、日本大使館への取材なんかしないですからね。しかし自国の役所が一番緊張しますね)。ちょっと変な日本語になりますが、この取材日より前にすでにヨハネスブルグダウンタウンは車で通過していましたが、実際に車で通過した時よりも、話を聞いてからより恐ろしさを実感しました。


応対してくれたのは、警察より出向しているという方でした。高校生の頃、この取材の10年ほど前のことですが、ロンドンでパスポートをなくして現地の日本大使館へ行ったことがあるのですが、その時のヒドイ対応を受けたことがあり、トラウマ的“行きたくなさ”があったのですが、その方はとっても腰が低い良いかたでした(その後、南米などで日本大使館・領事館勤務の日本人にお会いしましたが、皆、良い方ばかりでした。お役所も変りました)。


いわく、、


ヨハネスブルグという町は決して歩いてはいけない町である。先日(取材当時)、日本人旅行者2人が、観光地として知られていた展望台へ行ったときのこと。ツアーガイドに建物の目の前まで連れていってもらったが、車を降りてからビルまでのわずか数メートルを歩く間に強盗被害に遭った、と。


>> まだまだあった、南アフリカの怖い話 に続く




関連記事



「南アフリカ・プレトリアの日本大使館にて」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:            


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング