ちょっとワザとらしい状況で(スリランカ) - 海外旅行ガイドブックのお仕事

ちょっとワザとらしい状況で(スリランカ) - 海外旅行ガイドブックのお仕事


ちょっとワザとらしい状況で(スリランカ)

Posted at 06/10/02 Trackback(0)»

スリランカの出会い系(いい意味で)のネタをもう一つ。何せこの国ほど「いやー、世話になったな」と思える人に多量に会った国はなく、まだまだ何人も書きたい人がいるもので。



即出のキャンディという町でのこと。町の観光案内所に寄ると、入口に立っていたのが今回の主人公でした。「どうした?」と聞くので、「観光案内所はここ?」と答えると、「ここだ」と素っ気なく教えてくれました。まあ、その後の出会いがなければ覚えてもいないだろう状況ですが。


10数分後、観光案内所を出ると、彼はまだ同じように立っていました。「充分な情報は得られた? たいして情報を持ってないでしょう」彼はそう言い、「僕はこの町で歴史や文化を学んでいるから、何か知りたいことがあったら教えるけど」と。


ここで一考。海外によく行かれる方は経験があるかと思いますが、日本ではあまりないような親切な申し出というのがたまにあります(スリランカなどでは“よく”あります)。ただ、こういう申し出が度々よからぬトラブルに繋がることも多々あるわけです。前回の“足を引きずる男”のようなわかりやすい場合はよいのですが、このようなちょっとわざとらしいシチュエーションでも本当な親切だったり、とても偶然にしか思えない状況が作られたワナであったり。


>> インチキな人、良い人の見分け方(スリランカ) に続く




関連記事



「ちょっとワザとらしい状況で(スリランカ)」へのトラックバック

トラックバック先URL


この記事のタグ:        


» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

新着記事

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング