海外取材の裏話から得する両替術まで - 海外旅行ガイドブックのお仕事 - 10

海外取材の裏話から得する両替術まで - 海外旅行ガイドブックのお仕事 - 10


トップページ >> 新着順ページ10

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

一人にさせてくれない国、スリランカ

Posted at 06/09/26 Trackback(0)»

スリランカについてです。スリランカって、どれくらいの方が名前と場所が一致するんでしょうか。僕は幼少の頃から世界地理的なものが好きだったので(首都の名前が「スリジャヤワルダナプラ(コーッテ)」という、知的好奇心をくすぐる名前ですし)知っていましたし、取材に出てさらに親しんだこともあって、日本中の人がこの国を知っているような錯覚にも陥るのですが、、、。



世界でメモを一番書きにくかった国は?

Posted at 06/09/25 Trackback(0)»

もし、ヨハネスブルグの続きをお待ちの方がいましたら、すみません。ちょっと脱線します。

タグ:      


まだまだあった、南アフリカの怖い話

Posted at 06/09/20 Trackback(0)»

南アフリカの日本大使館で聞いた話の続きです。


レイプが多発している(この辺は本ではほとんど書けなかった内容です)
 レイプ事件がものすごく多い。それも必ずしも若い女性が被害者という訳ではなく、80代の女性のレイプ事件も報告されている。別件だが、半日以上にわたって数人にレイプされ続けた女性もいた。

タグ:            


南アフリカ・プレトリアの日本大使館にて

Posted at 06/09/19 Trackback(0)»

ヨハネスブルグのその後のツアーについては後ほどにして、ヨハネスブルグダウンタウンへ行った数日後に飛びます。僕は首都プレトリア(首都はヨハネスブルグではありません)にある日本大使館へ治安事情を聞きに行きました。

タグ:            


南アフリカ・ヨハネスブルグのダウンタウン紀行

Posted at 06/09/17 Trackback(0)»

さて、近所のショッピングセンターに連れて行かれた翌日、メルセデス・ベンツの迎えがやってきました。とはいえ、何度も言いますが、取材にお金はかけられません。たまたま安いツアーの車がベンツだった、というだけのことです。ドアは運転手でないと開け閉めができない、コツが必要なほどにボロになったシロモノでしたが。

タグ:          


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー8

Posted at 06/09/16 Trackback(0)»

さて、黒人運転手が戻ってきました。すると、スタンハンセン髭オーナーは、何人かのゲストを呼び、そして僕を呼びました。で、運転手に何やら指示をしています。僕はオーナーのところへ行き、「言ったところへ行ってくれるんですよね」と念を押すと、「ああ、行く行く」みたいな返事。


タグ:      


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー7

Posted at 06/09/14 Trackback(0)»

ヨハネスブルグの宿での話です。郊外の住宅街にあるこの宿に泊まってしまったからには、観光や近くで買い物するには、ツアーに参加するか、宿の車を頼るしかないということに気づいたのでした。南アフリカでは、一般にダウンタウン治安が悪いので、宿はやや郊外にある場合が多いのですが、宿の公衆電話にタクシーの呼び方が親切に書いてあったり、スタッフが親切にタクシーを呼んでくれたりするものですが、ここはそうではなかったのです。

タグ:          


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー6

Posted at 06/09/13 Trackback(0)»

前回の内容で、この宿のオーナーこそ、アパルトヘイトの象徴だとも書きましたが、ごめんなさい、ちょっと言い過ぎかも。帰国後に、考えてみればもっとひどい人に会った話も聞きました。この人を最悪のように書くと、「なんだ、アパルトヘイトってそんな程度か」などと思われる方もいるかもしれませんしね。

タグ:        


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー5

Posted at 06/09/11 Trackback(0)»

南アフリカといって思い浮かぶ(ある年齢以上?)、アパルトヘイトについて、僕なりの見解です。僕が南アフリカ取材で訪れたのは2000年のことでした。今書いている内容も、その当時のことです。

タグ:          


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー4

Posted at 06/09/10 Trackback(0)»

ヨハネスブルグの空港から数十分。着いたのは閑静な住宅街でした。どう例えればいいでしょうかね、アメリカ郊外の中流住宅街、といえばいいでしょうか。どこの家にも前庭があって、駐車スペースがあって、裏にも庭があるという緑溢れる家でした。


タグ:        


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー3

Posted at 06/09/09 Trackback(0)»

その後、南アフリカダーバンからヨハネスブルグへの移動は、時間がかかりすぎるためバスバスではなく飛行機を使うことにしました。ダーバンのインド系の宿オーナーは、きっといい宿だと思うわよ、って僕を送り出してくれました。いい宿でした。ダーバンの宿は。。(涙)

タグ:          


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー2

Posted at 06/09/08 Trackback(0)»

南アフリカ南東部、サーフィン大会などでも有名なダーバンという町から、ヨハネスブルグへ移動した時のことです。この2都市間の距離ですが、今ざっと地図で見たところ500キロというところでしょうか。通常の旅行者ですと、この2都市間に何カ所も立ち寄るというところですが、時間が少ない僕は一気に行かねばらならかったのでした。

タグ:          


南アフリカの宿からゲストを出さないオーナー1

Posted at 06/09/06 Trackback(0)»

久々に南アフリカです。ちょっと前に書いていた南アフリカシリーズは、旅のはじめのケープタウンでストップしているのですが、今回は旅のほぼ終わりのヨハネスブルグでの出来事です。

タグ:            


海外取材、乗り物酔いの克服法は…

Posted at 06/08/26 Trackback(0)»

ラオス、パクベンのメコン下りスピードボート

海外旅行ガイドブックのお仕事への道 12


いやいや、ちょっと仕事が大変になると、家に戻ってからブログを書く気力ってなかなかなれないもんですね。日々更新されている方には、頭が下がります。以前人気ブロガーの方のインタビュー記事を書いたことがあるんですが、その方いわく、“毎日書かなくてはならない、って考えないこと”が、ブログを続けられるコツだとか。

タグ:            


ホテル取材研修は、ビールで中断

Posted at 06/08/18 Trackback(0)»

海外旅行ガイドブックのお仕事への道 11

さて、かなり前になりますが、海外旅行ガイドブックのお仕事への道 10の続きです。僕のことを非情に気を遣ってくれていた社長は、数軒のホテル取材を終えると、「じゃあ、休憩しようか」って、カフェのような店に入っていきました。取材メモにもどんな店に入ったかは書いていないんですが、店に入ると社長が「ビール飲む?」と聞いてきたシーンが思い浮かびます。

タグ:        


お盆休みと満員電車

Posted at 06/08/15 Trackback(0)»

すっかり世はお盆休みで、今週は電車もガラガラかなと思いきや、東京周辺に住まれているかたらお分かりでしょうが、今朝(というか昨日ですが。2006年8月15日)の停電の影響で、現在の職場に勤めて以来、最高の混雑でした。帰りの電車はガラガラ(通常の日に比べ)でしたけど。

タグ:        


亀田興起戦への苦情から考える、ガイドブックの変化 2

Posted at 06/08/03 Trackback(0)»

1990年以前に海外旅行ガイドブックを持って旅行をされた方ならわかると思うんですが、当時のガイドブックって、今と比べるとびっくりするぐらいにいい加減なんです(笑)。結構古い情報が平気で載っていたり、思いっきり私感で書いてあったり。日本のものに限らず、世界的に有名なLonely Planetですらそうです。当時の編集者やライターの方に文句を言っているわけではなく、今より全然情報が入りにくかったという事情yもあります。でもって、旅行者のほうも現地情報は常に変化しているからガイドブック情報が間違っていても仕方ないという情報リテラシーがあったんだと思います。

タグ:            


2006年8月2日の亀田興起戦への苦情から考える、ガイドブックの変化

Posted at 06/08/03 Trackback(0)»

今日は(2006年8月2日)ちょっと早めに帰宅して、ボクシングの亀田(vs ランダエタ)戦を見ました。普段は格闘技ってそれほど興味ないんですけど(幼少の頃の全日本プロレスぐらいかな、好きだったのは)、数年前まで日曜の18時頃にTBSでやっていたZONEというスポーツドキュメンタリー番組で、まだ全国的には無名だった頃の亀田3兄弟を見ていたんで、やっぱり気になります。先物買いしたって気分ですかね。同じく先物買いのTBSは、もっとウホウホですね(しかし、あの伸ばし伸ばしの番組進行はかなりいただけない)。

タグ:        


世界の蚊は強かった

Posted at 06/07/26 Comment(1)» Trackback(0)»

さきほど(2006年7月26日)、テレビ東京「ガイアの夜明け」(全国で放送しているのでしょうか?)を見ました。取り線香の話題だったのですが、それについてちょっとひとネタ。

番組前半はキンチョウの日本国内でのシェア巻き返しという内容だったんですが、これはどうでもよくて、番組後半のインドネシアで世界各国の取り線香メーカーがしのぎを削る中、日本のフマキラーがアメリカ、イギリスのメーカーとのシェア争いをすべく切磋琢磨している、という話をここで取り上げます。

タグ:          


ラオス~ベトナムの陸路国境越えで 9

Posted at 06/07/24 Trackback(0)»

隣列の女の子にキスを求められた僕。それなりにかわいいし、ハードな旅の連続で人恋しくはありましたが、わずか数時間バスで一緒なだけですし、この女の子だってそんなんでいいのかよ?って。

タグ:      


次の20件へ| 前の20件へ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング