海外取材の裏話から得する両替術まで - 海外旅行ガイドブックのお仕事 - 4

海外取材の裏話から得する両替術まで - 海外旅行ガイドブックのお仕事 - 4


トップページ >> 新着順ページ4

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

補足、ラッフルズ・ホテルで直接予約したら?

Posted at 08/01/05 Comment(2)» Trackback(0)»

前回タイトル「ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)」へのコメントで、「某ホテル予約サイトなどを通すよりも、ホテルに直接尋ねた料金のほうが安かった」というご意見をいただきました。

そういえば、だいぶ前の記事ですが「旅行会社の未来はどうなるの?」で、「アメリカではヒルトンをはじめ、主要ホテルチェーンのサイトにて直接宿泊予約をする人が、ホテル予約サイトなどを通して予約する人を上まってきている」と書いたのをすっかり忘れていました。

ということで、「ラッフルズ・ホテルで直接予約をしてみたら?」を検証してみました。



ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

Posted at 08/01/03 Comment(2)» Trackback(0)»

さて、ホテル予約会社のそれなり比較シリーズ、第2弾は都市型ホテル予約料金を比較したいと思います(ホテル予約会社の詳細は「ホテル予約会社をそれなり比較」に詳しく書いています)。

まずは、シンガポールを代表するホテル、ラッフルズ・ホテルで料金比較。

ラッフルズ・ホテルについて一応書いておきますと、シンガポール中心部に位置する、全室がオリエントと西洋調が融合されたスイートルームの超高級ホテルです。有名なカクテル、“シンガポールスリング”はこのホテルで考案されたものであり、村上龍の小説のタイトルにもなっていたりと、日本にも馴染み多いホテルです。

ちなみに、ここでの予約の条件設定は、2008年1月15日に1泊で、大人2名で宿泊する際の料金です。いったい、ホテル予約会社によって違いはあるのでしょうか? 結果は以下の通り。

タグ:        


海外ホテル予約会社をそれなり比較

Posted at 07/12/13 Comment(2)» Trackback(0)»

海外旅行へ行く際、ホテルの手配はどうしてますか?

もちろん、旅行スタイルによっても全然違いますよね。完全パッケージツアーであれば、パッケージさえ予約してしまえばOKですし(ただ、安いツアーだと出発直前まで宿泊するホテルがわからないなんて場合もあります)、安宿を泊まり歩くバックパッカースタイルの旅行なら、通常はホテル予約という観念ではなく、現地の安宿街を目指し、そこで空いているホテル(宿)で、予算に合って、妥協できる(汚すぎないか、うるさすぎないか、虫は出ないかなど)ホテル(宿)に泊まるような感じかと思います。

海外旅行ガイドブックの取材の場合、比較的安いホテルに泊まることが多いのと、自分の目でいいホテル(宿)を探すのもひとつの仕事ということで、予約なしで行くことがほとんどですが、初日の到着が遅いときなんかは日本から予約を入れていくこともあります。 

ということで、今回はそんなときに重宝するホテル予約会社を比較してみます。なお、この回ではホテル予約会社とは何なのかを中心に書いています。実際の料金比較だけ見たいという方は「ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)」からご覧ください。

タグ:        


ちょっと写真の言い訳を

Posted at 07/12/12 Trackback(0)»

ミャンマー、ポリーステーション.jpg
このブログを始めて、いつも悔しく思うのは(何度も書いていますが)、海外旅行ガイドブックの取材時にもっとデジタルカメラで写真を撮っておけばよかったな、ということです。

今回はなぜデジタルカメラで撮影した写真が手元に少ないのか、そんな言い訳を書きたいと思います。

タグ:        


結構行き当たりばったり、初めての町での取材実例

Posted at 07/12/11 Comment(2)» Trackback(0)»

ミッチーナ、シンシャンホテル.jpg
まずは地図を探せ!の続きです。地図を見つけるのは大変だろう、と思っていたミャンマーの地方都市でしたが、初っぱなホテルのフロントで発見しました。が、しかし…

※写真は(どうでもいいですが)、この町取材時に泊まっていたホテルの客室です。どの枕もめっちゃ汗臭いのが難でした。

タグ:        


まずは地図を探せ!

Posted at 07/12/08 Comment(2)» Trackback(0)»

ミッチーナ地図.jpg
海外旅行ガイドブックの取材ネタです。
ちょっと「プロジェクトX」的なお題ですが、それまでガイドブックには載っていない、新しい町を取材する時のお話です。

タグ:        


トラベラーズチェックが余ったら

Posted at 07/12/02 Comment(1)» Trackback(0)»

当ブログへのアクセス解析を見てみると、「トラベラーズチェック 余ったら」という検索ワードでこのブログを訪れる方がたまにいるようです。

恐らく「裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら」という記事と、「トラベラーズチェックは本当にお得?」をはじめトラベラーズチェックに関して記事があることから、検索結果上位に表示されるのかと思います。

がしかし、「トラベラーズチェック余ったら」という内容の記事はこれまでにないんですね、これが。そこで、せっかく訪れた方に無駄な訪問にして欲しくないということで、今回はその内容で書いてみます。

タグ:            


旅行ガイド取材者のミシュランガイド評価

Posted at 07/11/26 Trackback(0)»

前回の記事「ミシュランガイド騒ぎに元旅行ガイド本取材者が思うこと」の続きです。世の中的に(発行から1週間が経ち)ミシュランガイドの話題も若干薄らいできたので急ぎで。

まず、いつも言っていますが旅行ガイドブックの取材者というのはたくさんいますし、媒体や所属編集プロダクション、さらには取材する国によってもやり方は違ってきますので、あくまでも僕のやり方ということご了承ください。

タグ:        


ミシュランガイド騒ぎに元旅行ガイド本取材者が思うこと

Posted at 07/11/24 Trackback(0)»

2007年11月22日に発売になったミシュランガイド東京が、連日新聞などを賑わしています(僕が購読している日刊スポーツにも連日載っています)。レストランのレベルを星の数(最高3つ)でランク分けするスタイルの、世界的に有名なガイド本の日本第1号ですが、個人的には本自体よりも、ここまで騒ぎになるものかという方向で驚いています。

そんなことを言いつつもちょっと便乗して、ちょっとレベルが違うかもしれませんが海外旅行ガイドブック取材レストラン取材もしてきた僕が、旅行ガイドブックレストラン取材はどうだったかということも含め、話題のミシュランガイドについてヒトコト。

タグ:      


ガイドブック取材初日の日記を公開

Posted at 07/11/17 Trackback(0)»

前回は、ガイドブック取材の初日の心境といいますか、そんなことを書きました。なんだか言い訳じみた感じで、あとから読み直していると、「ナニ甘いこと言ってやがるんだ!」と突っ込みの声が聞こえてきそうです。

しかしながら、それに懲りず、せっかくなので今回はある取材の初日(いや、実際には地球の裏側まで行き、さらには乗り継ぎの飛行機がフライトキャンセルになったため3日目)の日誌に若干手を加えたものを紹介しようかと思います。興味がおありの方はご一読ください。

ちなみに、チリの首都、サンチアゴでのことです。

タグ:          


海外取材の初日はつらいよ

Posted at 07/11/11 Trackback(0)»

長らく書いていなかったガイドブック取材ネタです。

海外旅行ガイドブック関連の仕事を離れて、はや1年半以上が経ちました。今の仕事は、どちらかといえば毎日ルーティーン(日々同様)的な仕事なので、当時のことを思い出すと、「よくやったよな~」という感じになります。

というのは、やはり取材時のこと。何度か書いているかと思うのですが、海外取材へ出るのは年に2~4度程度です。1回の取材日程は2~3週間。年のほとんどは取材ではない作業をしている訳なんです。

てな訳で、取材の1日目というのは…。

タグ:          


アルゼンチンのサッカー観戦ツアー最終章

Posted at 07/11/05 Comment(2)» Trackback(0)»

リバープレートのサッカー観戦
いよいよスタジアムに到着。ちなみに、場所はブエノス・アイレスが誇るリバープレート(ボカジュニアーズの永遠のライバルチーム)の本拠地、エスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティという名前のスタジアムです。

※写真は試合後、アウェーチームのファンが帰ってから帰路に就くホームチームファンたち

タグ:          


アルゼンチンのサッカー場はどんだけ恐い!?

Posted at 07/10/31 Trackback(0)»

前回「サッカーは観光資源(アルゼンチン・ブエノスアイレス)」の続き、アルゼンチンサッカー観戦ツアーについてです。我がガイドブックには情報が掲載されていなかったので、早速取材してみることにしました。ツアーについては、ちょっと日記風に紹介します。

タグ:      


サッカーは観光資源(アルゼンチン・ブエノスアイレス)

Posted at 07/10/30 Trackback(0)»

アルゼンチン、サッカー場.jpg
普段木曜発行のR-25が本日(もう昨日になってますが)、特別号を発行していたので手にとってみると、まるまる1冊サッカー特集号。どうやら、以前までトヨタカップと呼ばれていたFIFAクラブワールドカップの広告を兼ねた号のようでした。関連記事

で、記事のなかで「はじめてのサッカー観戦講座」というページがあり、「そうだよな、普段見に行かないスポーツって敷居が高いよな」、とふと思い、それから連想してアルゼンチンのあるツアーが思い出されました。

タグ:          


世界遺産の氷河の町で、イグアナを飲む(カラファテ)

Posted at 07/09/18 Comment(2)» Trackback(0)»

アルゼンチン、イグアナ・ビール

アルゼンチンパタゴニア地方のエル・カラファテ(以下カラファテ)という町で飲んだイグアナ・ビールです。カラファテは、アルゼンチンのチリ国境に程近い、世界遺産に登録されている氷河、ロス・グラシアレス国立公園への拠点の町として知られています。

タグ:            


天空の城がミャンマーに?

Posted at 07/09/16 Comment(2)» Trackback(0)»

ミャンマー、ポッパ山

再び、ミャンマーから不思議光景です。ちょっとアニメ的、SF的な光景ですが、実はこの山の頂上に見えるのは寺院なんです(写真をクリックすると別窓で拡大表示されます)。

タグ:      


落ちそで落ちないゴールデンロックを待つ(ミャンマー)

Posted at 07/09/10 Comment(3)» Trackback(0)»

ミャンマー、チャイティーヨー

写真はミャンマーの有名観光地のひとつで、日本ならこの「落ちそうで落ちない」というところから受験の神様にでもなりそうなありがたいお岩、チャイティーヨー(英語呼びでゴールデンロック)です。金色に輝いているのは、もちろん天然ではなく、人々が訪れてはその場に売られている金箔を買って貼っていくためです。


ちなみに椎名誠著「秘密のミャンマー」によると、このチャイティーヨーは標高1100mの山頂にあり、5,6人で押せばぐらぐらと動くらしいです。で、もしこれが落ちれば、まさに奈落の底ですが、この岩が人々に知られるようになってから(もちろんですが)この位置にあり続けているという不思議岩です。椎名さんは一人でこの岩をちょっと押してみたらしいんですが、落ちてしまったことを想像しての意見ばかりで、実際にどうだったかは書かれていません(僕は押してみようなんて考えもしなかったです)。


あいにく訪れたのは雨期だったので、ご覧のようなお天気。でも、せっかく首都ヤンゴン(当時。現在の首都はネピドー。2006年に突然遷都された)からなら片道5時間以上かけて取材に来たからには、こんな(ガイドブックには使えなさそうな)写真だけを撮って帰る訳にはいかず…。

タグ:        


よく見る「海外旅行保険が無料」という広告って?

Posted at 07/09/04 Trackback(0)»

よく旅行関連のサイトのグーグル・アドセンス(テキスト広告)に「海外旅行保険がずっと無料」的な広告が出ていたりしますが、見たことありますか? 

まあ、海外旅行に何度か行かれるような方なら、広告を見なくてもだいたい中身は予想はできますよね。

タグ:    


飛行機内でお酒が有料・無料な航空会社は?

Posted at 07/08/22 Comment(5)» Trackback(0)»

ほとんどの航空会社で全面禁煙になった今日(全面禁煙後に僕もタバコを止めました)、今度は国際線機内のおの提供を有料化する航空会社も増えてきているようです。好きな著者としては厳しい限り。なにせ、飛行機内での最大の楽しみといえば、“無料が飲み放題”ですから…。

片や今もお無料提供する航空会社も多くあります。同じ行き先で何社も航空会社のフライトがあり、値段もそれほど変らないのなら、僕ならお無料航空会社を優先したいものですが、でもこういう情報って航空券購入の際などに教えてくれないですよね。ということで、好きな方々のためにも、こんなタイトルを立ち上げてみました。

タグ:              


裏ワザ、海外で現地通貨が余ったら

Posted at 07/08/04 Comment(2)» Trackback(0)»

ブエノスアイレスからコロニア行き船内の免税店

海外旅行海外出張の帰国時に結構困るのが、使い残した現地通貨の処理じゃないかと思います。「食事をするにはちょっと足りないけど、この金額で買いたいものも特にないし…、募金でもするか」なんて、空港に設置してある募金箱に募金するって人も多いんじゃないでしょうか。海外旅行海外出張でよく行く国の通貨なら、次回のためにとっておけばいいですが、そうでない場合、皆さんはどうしてますか?


※写真はアルゼンチンとウルグアイを結ぶ国際船内の免税店

タグ:          


次の20件へ| 前の20件へ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

» 記事一覧(サイトマップ)を見る

カテゴリ

過去記事はこちらから

人気記事トップ10(8月22日更新)up

お知らせ

ブックマークに登録

このボタンから21のブックマークサービスに登録できます。

フィード(RSS)

Powered by

このサイトについて

9年間、海外旅行ガイドブック取材の仕事をしてきた著者が、その仕事内容や本には書かなかった話、海外旅行のノウハウなどを紹介しています。


著者:jnhppp

chibita.jpg

東京生まれの40代(になってしまったw)。仕事情報誌でたまたま見つけたガイドブック編集会社に入社。以後、同業界に携わる。2006年に別業種に転職。

おすすめホテル予約サイト

agoda,アゴダ
海外のホテルを日本語で予約するなら、このホテル予約サイトagoda(アゴダ)が料金的におすすめです(ある程度海外旅行経験がある方に限りですが)。詳しくは下の記事に書いてます。
ホテル予約会社をそれなり比較(都市ホテル編)

特選リンク集

海外旅行ランキング